Now Loading...

男性必見、結婚式に着て行く服装のマナー 【礼装編】

結婚式に招待されたときにどのような服を着るべきなのかがわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

服装に関してもいくつかのマナーが存在しています。

今回は男性の服装について礼装という観点からお伝えします。

■何を着るべき?

服装には、正礼装・準礼装・略礼装の三種類があり、正礼装の場合は昼間の結婚式であればモーニング・夜であれば燕尾服です。

準礼装の場合は昼間の結婚式であればディレクターズスーツ・夜であればタキシード、略礼装であれば昼夜問わず黒か暗い色のスーツが基本とされています。

■ゲストの場合の格式は?

男性ゲストが結婚式に出席する場合は、準礼装・略礼装での出席が一般的です。結婚式の招待状にしばしば書かれることのある『平服』は略礼装のことです。

間違っても普段着の私服で参加しないようにしましょう。

時間・立場・結婚式の会場・行事の内容など様々でしょうから、状況に合わせてふさわしい装いを選ぶようにしましょう。

■スーツはだめ!?

なお、ビジネススーツでの参加はマナー違反とされています。

比較的色に深みのないビジネススーツと礼服とでは目に見て違いが判ります。

生地も質の高いウールが素材として使われている礼服と比べるとスーツは質が高いとは言えないポリエステル製で、格式高い場である結婚式にはふさわしくないためです。

しっかりとマナーを理解し、気持ちよく祝儀の舞台を迎えましょう。

 

鹿児島の結婚式場なら美優館へ
http://www.biyuukan.com/

お気軽にお問い合わせください!
結婚式無料相談窓口美優館へのお問い合わせ
WEDDING HOUSE 美優館
鹿児島店 TEL099-250-3499
出水店 TEL0996-67-4328
営業時間 10:00~18:00 定休日 火・木曜日
Banner
Footer Top