Now Loading...

日本の結婚制度の歴史-古代から現代まで-

今は1人の男性と1人の女性が結婚し、同じ家に住むというのが最も一般的ですよね。
これは昔からずっと続いていることなのでしょうか?
結婚制度の歴史についてまとめてみました。

■古代~平安時代まで

古代は複数人同士で結婚するということも普通という時代で、女性を米俵などで購入するという慣習もあったようです。
一般的な結婚制度は「妻問婚(つまどいこん)」といわれる制度でした。

これは、しばらく夫が妻の実家に通い続けたうえで後に同居するというものでした。

夫が妻の実家に行かなくなった時点で離婚ということになっており、その場合妻はどうすることもできませんでした。

■鎌倉時代~江戸時代まで

鎌倉時代からは妻が夫の実家に住むようになります。

家父長制が確立して、社会的に女性の地位が低下しており、妻の不倫は絶対に認められませんでした。

さらに、夫は政治に有利になるように妻を選ぶので妻は夫を選べませんでした。
江戸時代に入ると三行半(みくだりはん)という絶縁状が登場し、夫は妻に三行半を渡した時点で離婚が成立しました。

■おわりに

昔は女性の地位がかなり低く、結婚も離婚も全て夫の都合で決められていました。

明治時代から徐々に今の日本の結婚制度になっていき、社会的にも女性の地位は改善されるようになりました。

お気軽にお問い合わせください!
結婚式無料相談窓口美優館へのお問い合わせ
WEDDING HOUSE 美優館
鹿児島店 TEL099-250-3499
出水店 TEL0996-67-4328
営業時間 10:00~18:00 定休日 火・木曜日
Banner
Footer Top
Copyright © WEDDING HOUSE 美優館 All Rights Reserved.